ジンバルのメリットとは?ジンバルって必要なの?

ジンバルがあることによって撮影の幅が広がったり、より美しい滑らか映像が撮れるようになるのは魅力的ですよね。

「もっとジンバルの魅力・メリットを知りたい人」や「実際のところジンバルが本当に必要なのかな~と思っている方」のためにジンバル使用時と未使用時の映像の比較などを交えながらジンバルのメリットについて紹介したいと思います~

ジンバルのメリットとは?

・旅行や卒業式などのイベントで、まるでプロが撮ったかのようなカメラワークで撮ることができる

・子どもの運動会で充電した重いハンディカムで、雑な映像を撮っている方も、スマホで片手で楽に高品質な映像が撮れるようになる。
さらにスマホなので、クラウド・SNSにアップしやすく、ネットとの連携も強い「新時代のビデオカメラ」としてスマホを利用することができる。

・アクションカムを身体につけると必ずと言っていいほどブレて、見てると酔ってくるというデメリットがあります…それを解消できる唯一のガジェット

・SNSで動画がかなりプッシュされている(イイネが集まりやすい、アクセスされやすい)のと親和性が高く、ベテランから新規インフルエンサーの方にもオススメ

ジンバルを使えば、上記のようなメリットが期待できるんです!!!

ジンバルを使うとどうなる?

ジンバルを使用することで、ブレを抑えることができ、滑らかな映像が撮影することができます。

でも、実際のところどの位滑らかになるか気になりますよね?

ジンバルを使用時と未使用時の比較してみました。

ジンバル未使用時

ジンバル使用時

ジンバルを使ったときの滑らかな動きは凄いですよね!

映像を見ると、ジンバル使用時と未使用時では一目瞭然。

映像のブレがかなり軽減されましたよね!

…確かに、今ではカメラやスマホに手ブレ補正が備わっているモデルが多いですよね?

でも、動きながら撮影をするとなると手ブレ補正があっても、上記の動画ようなジンバル使用時の滑らかな綺麗な映像を撮るのは難しいんですよ。

例えば、「走るなどの動きがある中での撮影や自転車などに装着して使いたいなぁー」と思っても、動きが大きくなると映像をぶれずに綺麗に撮るのは至難の技。。。

そんな時、ジンバルを使えば電子制御で自動的に傾きなどを感知して、水平にカメラなどを保ってくれるので、素人でも簡単に手ブレがなくなり、動きがある中でも滑らかな映像が撮れるようになるなんて最高じゃないですか?

ジンバルがあれば、片手で持って滑らかな映像が撮れる?

おそらく綺麗な映像を撮影したいために、撮影する時は、立ち止まって撮影しなければならなかったりしますよね?

自分は立ち止まって撮影するのですが、そうすると違う角度から撮りたいと思った時に手ブレを気にしていちいち撮影をやめて、移動→撮影→移動→撮影になっていました。

つっちー
手振れを気にせず、カメラを持ちながらでも動きながらの撮影をしたい

そんな時でも、ジンバルがあれば手ブレを気にしなくて良いので、いちいち止まる必要もなければ、移動しながらでも撮影が可能です

しかも、通常だとカメラやスマホを両手で持って撮影しなければなりませんが、ジンバルを使えば片手で気軽に持ち運びながら撮影できます。

ジンバルの動作音や振動は気になるの?

ジンバルが傾きを制御してくれ、手ブレがなくなるのはかなり魅力的ですが、気になるのは動作音や振動ですよね?

せっかく動きに対応出来たとしても、傾きを制御する度に「ウィンウィン」みたいな動作音がはっきり撮影に聞こえたら台無しですよね。。。

また、振動などがあって、撮影中にそれが伝わってくると長時間の撮影も厳しい。。。

実際のところどうなのかというと、動作音や振動は気になりません

全然気にならないですよねーーー

これだけ静かで、振動がなければ撮影の時に気にならないですよね!

ただし、振動に関してはジンバルロックという現象が起きると振動が生じてしまいます。

ジンバルロックとは、3軸の全てに自由な運動がある場合は、機体の回転によって3つのジンバルリングのうち2つの軸が同一平面上にそろってしまうこと。

ジンバルに適してるシチュエーションとは?

ジンバルは様々な動きでも手ブレがなく、滑らかな映像を撮影することが可能です。

  • 歩きながらの景色の撮影
  • スキーの滑走
  • パラグライダーでの飛行
  • 車や自転車やバイクなどに取り付けての撮影
  • 人や動物を追いかけながらの撮影
  • ペットの撮影
  • SNSへの投稿用動画の撮影
  • 運動会などの子供の撮影
  • 映画の撮影(アマチュアからプロまで)
  • ニコ生での生放送
つっちー
今までハンディカムやスマホで頑張ってブレないように撮ろうしたもの全てが滑らかに撮ることが可能になっています!

まとめ

ジンバルを使用時と未使用時では手ブレの違いは明らかでしたね!

ジンバルを使用することで手ぶれを気にせず撮影することができるので、撮影の幅が一気に広がるのは嬉しいところ。

特に素人でも簡単にプロ並みの滑らかな・ぬるぬる動画が撮れるところが魅力的~

また、ジンバル自体の動作音や振動がないことで撮影に影響を及ぼさないところもポイント高し。

ぜひご参考に~