FeiyuTechのウェアラブルジンバルFY-WG

ジンバルというとハンドジンバル(手で持つタイプ)が有名ですよね~
ハンドジンバルもかなりお気に入りなのですが、片手が塞がってしまうのと、長時間の撮影となると腕が疲れてくるんですよね……
なので、撮影中も両手が空いていて、どこかに取り付けられるといいなぁーなんて思うこともしばしばあって、注目しているのがウェアラブルジンバルのFY-WGなんです~!

ウェアラブルジンバルとは、身体や自転車やヘルメットなどに装着できるタイプのジンバル!

WGのスペック


WGのスペックはこんな感じ!

WGは身体に装着できる

WGはオプションのアイテムを使えば体に装着することができるんですよ。


こんな感じに!
このように装着すれば、両手を空けることも可能で、長時間の撮影でも問題なく使えます~
例えば、登山動画を撮りたいけど、重たい荷物やトレッキングポールなどを持っていて、カメラ機材を持っていくのは難しい……
そんな時でも、身体に身につけられて、軽いウェアラブルジンバルを使えば登山動画なども撮影可能になりますよね!

つっちー
GoProだけをリュックなどに装着して撮影すると、動きの振動で映像がブレブレで見れたもんじゃない……

……なんて思っていた人でも、WGを使えばブレシレスモーターが自動的に傾きを補正してくれるので、映像がブレまくることもなくなります。

WGは重さが軽い

重さは188gでちょーーー軽いです!!!
小さい缶コーヒーと同じ位の重さ……ってめっちゃ軽い

つっちー
この軽さなら、WGを装着しても重さで体が辛いってことはなさそうだし、長時間撮影でも使えますね

重いジンバルを使っていて、肉体的に辛い……
なんて方にもおすすめできますね~

オプションアイテムを使えば撮影の幅が広がる

WGはオプションアイテムが豊富で、様々なものがあります~

例えば、オプションアイテムを使えば自転車やヘルメットなどにも取付けることも出来るみたいです。
両手が空かないとできない、サイクリングツーリング中の撮影などもできるようになりますよね。


他にも

  • 車などに取り付けてドライブの風景をタイムプラス映像で撮影
  • スノボー中の撮影
  • フィッシング中の撮影
  • マラソン中の撮影

なんてこともできるようになります!

もちろんグリップの付いている棒に装着すればハンドヘルドジンバルのような使い方も可能なので、万能です!
オプションを使って幅広く撮影ができると撮影の楽しみも広がるのでワクワクしますね!

様々な向きでの撮影が可能


オプションの豊富さもさることながら、それに対応して様々な向きでの撮影が可能みたいです。
カメラの位置を左右入れ替えることもできれば、直立での撮影から逆さまでの撮影も出来ます~

WGのデメリット

装着するとちょっとメカメカしいの付けているなぁーと見えてしまいますね。
登山などではいいですが、都内などの人混みが多いところでは見た目的にちょっと恥ずかしいかも……

こんな人にWGはおすすめ

ウェアラブルジンバルは身体などに装着できるので、以下の人におすすめ

  • 撮影中両手を自由にしたい方
  • 撮影中の肉体的負担を軽減したい方
  • 撮影の幅を広げたい方
  • 山登りや旅行などで長時間移動しながら撮影したい方
  • バイクや自転車などに装着して映像を撮りたい方

まとめ

ハンドジンバルとは違って身に着けるタイプのジンバルFY-WGは、自分のようにどこかに取り付けて、両手を空いた状態で撮影したい人にはもってこいのジンバル!
その軽さを生かしてオプションアイテムと使えば様々シチュエーションに対応できるので、使い勝手が良いですよね~

WGの価格は、31,500円(税抜)です

ぜひ参考にしてみてください~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。
カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。
腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。