スマホ用ジンバルSPGのレビュー

待ちに待ったSPGがようやく我が家にやってきたので早速レビューしたいと思います!!!

SPGのパッケージと同封物

パッケージは白で、真ん中にFeiyuTechのロゴが入っていて、シンプル!

 


同封物はこちら

  • FY SPG 3軸ジンバル×1
  • 22650電池×1
  • USBケーブル×1
  • 小型カメラ用アクセサリー×2
  • SPG専用ケース×1
  • 日本語のユーザーマニュアル×1

写真には写っていませんが、小型カメラ用アクセサリー日本語のユーザーマニュアルが同封されています。

マニュアルがあるので安心して使えます~

SPGのフォトレビュー

SPGの大きさはB5よりちょっと大きい位だから、思ってたよりもコンパクト!

これなら旅行などに持っていても邪魔にならないですよね~

 

しかもSPG用のケースが付いてくるので、これに入れればかさばらないし、傷も付かないから安心~

バックなどに入れて持ち運びできちゃいますね!

 

SPGにはジョイスティックと機能ボタンとBluetoothで繋ぐとシャッターになるボタン(Bluetoothシャッター)があります。

 


固定するところをこのように広げて、スマホやiPhoneはここに装着します。

 

もちろん、GoProも付属のアクセサリーを使って装着可能です。

 

iPhoneを固定するところは、少し固めのゴムの樹脂のようなものなので、グリップ力があって、簡単に落ちないようになっています。
ゴム樹脂のようなもの?なので、装着時に傷が付かないのでよかったです~

 


iPhoneが接着するところも傷がつかないような設計になっています。

基本的に装着するときはiPhoneのカバーを外して付けるみたいです。(おそらく、バランスをとりやすいようにするため)

PTU素材の薄いiPhoneケースを付けっ放しで装着してみたら、バランスに関して特に問題なかったですよ〜

 

本体の横にはUSBケーブルの差込口があります。

USBケーブルを差し込んで充電やPCに接続などの時に使います。

SPGを実際に使ってみる

ジンバルにiPhoneを付けたら、まずバランス調整して、iPhone平行に調整。

 

写真の矢印の部分を緩めて、アームの部分を左右に動かしてバランスを取ります。
iPhoneを調整するのが最初はなかなか上手くいかなかった(笑)
※慣れればすぐに出来るようになります~

 

こんな風に調整出来たらいよいよ起動ーーー!

他のジンバルと同じくスマホやiPhoneを付ける前に電源を入れると壊れる原因になるので、必ずiPhoneを付けてから電源をいれてください。

機能ボタンを長押しすると起動しますよ〜

電源が入るとiPhoneがぬるぬる動くようになりました!

 

重さはジンバル自体が軽いので、iPhoneとバッテリーが付いても余裕です〜

モーター音や振動?

全く気にならないですよーーー!

こんなに静かなんだと驚き!

SPGは撮影モードが豊富

SPGの豊富な撮影モードを試してみます!

・モード1

電源を付けた状態はこのモードです。

ボタンがある方の向きに合わせてiPhoneが付いてきます〜

 

こんな風にカメラが追従してくるので、パレード運動会人が密集した場所などでの撮影に使えますね〜

・モード2

左右の追従に加えて上下にもiPhoneが付いてきます。

上下にも追従してくることで、より自分と同じ目線の映像を撮ることが可能です。

 

この上下のモードは航空ショーなどの見上げる状態でも撮影することができるようになりますね~

・モード3
逆さで撮影できるモード!

これができるからSPGが欲しいという方もいるんじゃないですか?

 

このモードを使えば、普通とは違った目線で撮影が可能!

特に、地面すれすれの映像や子供やペット目線など自分よりも高さが低い状態で撮影するにはうってつけですよ!

・ロックモード
全てのモードで1回機能ボタンを押すとカメラが固定されます!

これを使うと手首をどんなに動かしてカメラの向きが変わらなくなります

 

ボタンのある向きとiPhoneの向きが全然違いますよね。

カメラの位置を変えないで、その方向でブレずに撮ったりするのにかなり使えます!

縦位置撮影

この角度で1度機能ボタンを押すと縦位置撮影に切り替わります。

 


こんな風にiPhoneが縦になりました。

縦に長いものを撮影する時はやっぱり縦位置撮影が出来ると便利ですよね~

特に、Facebookのライブ配信インスタグラムの動画は縦位置での撮影に対応しているコンテンツなので、ジンバルを使って滑らかな映像をSNSで使いたい人にはおすすめですよーーー

ジョイスティックでも向きが変えられる

ボタンの向きに追従すればジョイスティックはいらないんじゃないかなと使う前は思っていましたが、使ってみると思いの外便利!

矢印の方向にジョイスティックを傾けるだけで、iPhoneの向きが変わります。

 


特に上下の動かす時にジンバルを手前や奥に動かさないでその場でジョイスティックのみで上下に動かせるのは便利でした〜

これなら密集している人ごみでも簡単にジョイスティックでiPhoneの向きを変えることができますね!便利便利!

ただ、動かすのに慣れないと早く動かし過ぎたり、止め損ねて行き過ぎてしまったりしてちょっとむずい笑

外で撮影してみたよ!

近くの運動公園に行って、外で撮影してきましたー!

やっぱりジンバル付けての撮影はおもしろーーい

こちらが撮影した動画!

SPGなし

SPG有り

何が良いって、動きがあってもブレがすくな――い
SPGを装着していないでiPhone持ちながら走った時の手ブレはひどくて見ていられないけど、ジンバル付けたらかなり手ブレが抑えられていますよね!!!

あとあと、地面すれすれの映像もジンバルを付ければこそ可能なので面白い!

こんな感じの映像が撮れます。

地面が近いので、スピード感のある映像が撮れるので面白いですよ〜

そもそも単純にジンバルを付けると撮影が楽になります!

iPhoneを持ちながら目線と同じくらいで撮影しようとする場合、片手での撮影は不安定なので、両手で持って撮影しますよね?

そうすると両手が塞がってしまうし、手ブレを気にするから動かすにも慎重になるし、精神的にも結構疲れますよね。。。

でも、ジンバル付ければ片手で撮影出来るし、手ブレ気にしなくて良いし、撮影が楽になりますよーーー

SPGを使って気になった点とは?

・微妙に左右上下に動く

ジンバルが自動で向きや傾きを感知するので、追従モードにしていると、ちょっと手首をひねっただけでそっちの方向にi
Phoneが向いてしまうので、歩いていても若干左右に動いてしまうのが気になりました。。。
なので、通常撮影する場合は、ロックモードにした方が良いですよ。

・上下に若干振動が伝わってしまう

普通に持って撮影すると若干歩く振動が伝わって、微妙に上下に揺れてしまいました。。。
もっと滑らかに撮影できないのかと検証したところ、直立状態で撮影するのではなく、若干ななめにジンバルを持って撮影することで振動が軽減されました!
また、歩く歩幅も大股にしない方が振動が少なくて縦振動を軽減することができます~

こんな人におすすめ

スマホ用ジンバルSPGの開封から実際に使ったレビューを書いてみて、僕の使った視点からこんな人におすすめです!

  • スマホやiPhoneでブレのない滑らかな映像を撮影したい人
  • 動きながら撮影する人
  • 片手で撮影したい人
  • 密集したところで撮影する人
  • SNSなどに投稿する動画を撮影する人

まとめ

ジンバルのような補助系の機器は実際に使ってみて初めて分かる良さがありますよね!

自分の場合は、iPhoneで手ブレを少しでも防ぐこと片手で撮影できるこの2つのことを実現したかったので、実際に使ってみて、片手で持って撮影できて、かつ、モーター音も気にならず静かでブレが少ない映像が撮影出来たので満足でした!

スマホやiPhoneを主に撮影する人に取っては、満足出来るはずですよー

SPGの価格は、35,500円(税抜)です。

ぜひ参考にしてみてください~

なんと今ならFeiyu公式オンラインストア購入特典があります!!!

  • 本体購入特典で充電池1本プレゼント(1500~2500円相当)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。
カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。
腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。