「MG V2 Lite」と「MG V2」の違いとは?

FeiyuTechにはミラーレス用ジンバル「MG V2 Lite」と「MG V2」というモデルがあります。

今回はこの2つの違いが気になったので調べてみました!

 

「MG V2 Lite」と「MG V2」スペックに違いはあるのか?

「MG V2 Lite」と「MGV2」のスペックに違いはありません。全く一緒です。
対応機種に関してもSONY NEX-5N / NEX-7 / A7RII / ILCE-7R / ILCE-5100 / PanasonicLUMIXGH4等400gから1630gまでのミラーレスカメラ等が装着可能です。

 

「MG V2 Lite」と「MG V2」の機能性の違いはあるのか?

機能性についても違いはありません。同じようにジョイスティックが付いていますし、モードの切り替えも同じようにで出来ます。

 

「MG Lite」と「MG V2」の違いは連結部分の有無?

「MG V2 Lite」と「MG V2」の違いは、連結部分があるかないかです!

「MG V2 Lite」は持ち手が1つに対して、「MG V2」は連結部分があって、持ち手が2つになっています。

持ち手の違いによって変わって来るのが、撮影時の安定性です。

やっぱり単純に持ち手が2つになると両手でジンバルを支えることが可能なので、片手で支えるよりも安定感が増します。

 

そして連結部分があることによって、この画像のように様々な形態で撮影が可能になります!
「MG V2 Lite」の場合は、連結部分がないことから下から撮影しよう(ローアングル撮影)とすると、持ち手を上にして逆さまに持つしか出来ないので、ミラーレスカメラなど大きいカメラになると撮影しづらいですね!

その点「MG V2」は連結部分があることによって、下からの撮影がしやすいメリットがあります!

また、本格的に撮影する人は、連結した棒の部分にマイクやライトなどのオプションを取り付けて使う方もいるみたいです。

本格的な撮影ができるという点から「MG V2」はセミプロの方や映像制作会社でも実際に使用されているみたいです~

実際の映像はこんな感じです~

「MG Lite」と「MG V2」価格の違いについて

「MG V2 Lite」の価格は、76,500円(税抜)
「MG V2」の価格は、93,500円(税抜)

スペックや機能性が同じことから、価格の違いは連結部分があるかないかということになります!

 

まとめ

「MG V2 lite」は連結部分がない分価格が抑えられているので、「MG V2」より手が届きやすいのは事実です。
また、ジンバルを入れるケースも「MG V2 lite」の方が小さいので、気軽に持ち運びをして撮影をしたいという方には「MG V2 lite」でも良いのかなーと思います。

映像作品などを撮る人などガチで映像を撮るために映像に拘りたいという方にとっては、持ち手が2つになっていて、様々な形態で安定して撮影ができる「MG V2」がおすすめです!

どちらを買うか迷った時は、金額も含めて自分の用途に合わせて選んでみてください~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。
カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。
腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。