スマホアプリ「Feiyu ON」の接続方法と使い方(SPGシリーズで使用)とは?

Feiyu Techのアプリで「Feiyu ON」というものがあるのは知っていますか?
今回はSPGで「Feiyu ON」を使うための接続方法や機能などの使い方を紹介したいと思います。

バージョンアップをすると仕様が変わる可能性があります

「Feiyu ON」の接続方法

①まず「Feiyu ON」のアプリをダウンロード。

②Bluetoothが接続出来るように許可が求められるので、スタビライザーの電源は入れずにBluetoothの設定をオンにしてください。

ジョイスティックを上に押しながら機能ボタンを長押しします。ランプがになったら手を離します。

④「Feiyu ON」のアプリを立ち上げます。そして自分の使う機種を選んでconnectをタップします。

⑤この画面になって、接続されたら、赤枠で囲んだところをタップしてください。

⑥このようにスマホのカメラ画面になったら接続完了です!

1度で上手く接続できない時があるので、接続できない時はジンバルの電源を落としてもう一度アプリと連携してみてください。

次は機能をみていきましょう~

Bluetoothシャッターが利用可能

「Feiyu ON」を使えば、上から3つ目のBluetoothシャッターが利用可能になります。


Bluetoothシャッターを使うことで、動画の撮影・画像の撮影がBluetoothシャッターのボタン1つで可能になります。

使い方は
機能ボタンをクリック→画像を撮る
機能ボタンを長押し→動画撮影

つっちー
片手で動画を撮影しながらスナップショットの撮影をする時なんかに便利な機能ですよ〜

撮影モードの切り替え

撮影モードの切り替えも「Feiyu ON」ですることが可能です。

モードの変え方は、画面を上や下にフリックするとモードが切り替わります。


真ん中の強調されているところが現在のモードになります。

モードの種類は5つです。

・ムービー

・フォト

・ナイトモード
アプリのバージョンアップでナイトモードが選択できるようになりました。

・パノラマモード

こんな風にパノラマ撮影ができます。

・タイムラプスモード
タイムラプスも撮影できます。

ISOやExposureやホワイトバランスの調整が可能


赤い枠で示している部分をタップするとホワイトバランスなどを調整することができます。

遠隔操作もできる

上の画像のEnter Rockerをタップするとジンバルを遠隔操作ができる画面に切り替わります。

こんな画面に切り替わって遠隔操作ができるようになります。

つっちー
ただ、SPGシリーズの場合はスマホを1台装着していることが多いので、2台スマホがないとあんまり使わないかも……

顔認識機能


赤い枠で示している部分タップすると顔認識をするようになります。

顔認機能を使えば、認識した顔を追うようにジンバルが向きを自動的に変えてくれるんですよ!
これはなかなか面白い機能!

つっちー
人を追いかけて撮影するシチュエーション、例えば、子供の映像を撮るときイベントの撮影などでも使えるんじゃないですか⁉︎

動画サイズやフレームレートの変更が可能

まずは赤枠のところをタップ

Video settingsをタップすると、ResolutionやFramRateが出てきて、動画のサイズやフレームレートの変更ができます。

グリッドの表示

まず赤枠のところをタップしてください。

Camera Settingsをタップすると、下にGridと表示されて設定することが可能です。

設定するとこのようにグリッドが表示されるようになります。

Gridの他にも、WaterMarkElectronic image stabilization(手ブレ補正)も設定できますね。

WaterMarkというのは、簡単に言うと著作権保護するために使うマーキングのことですね。


設定するとこの画像のように右下に表記がされるようになります~

ライトのオン/オフも可能


赤枠のところをタップすることでライトのオン/オフの切り替えができます。

ジンバルの動く速さの設定もできる

設定の仕方はまず赤枠をタップ

GIMBALSをタップするとこのような画面になります。

ここからジンバルの動きのスピードなどの設定をしていきます。

例えば、ジンバルの追跡(フォロー)の動きが遅いなーと思ったら、Follow Mode Settingでジンバルの追跡(フォロー)の動きのスピードを変えるなんてこともできます。

設定の仕方は、上記の画像のFollow Mode Settingをタップ。


パン・チルト・ロールのそれぞれのフォロースピードを変えることができます。
100に近づけるほどフォロースピードが速くなります。

Follow Dead Zoneの数字を変えると、その数字の角度になるとジンバルの補正が入るようになります。
上記の設定であれば、34°からパンにフォローするようになります。
つまり、この角度からジンバルが追従してくるということです。


ピッチやヘッディングについてもスピードを変えることが可能です。

ジンバルの振動の調節


Moter Settingでは、モーターの振動が発生した時にモーターの強弱を変えて、バランスを調節出来ます。

まとめ

「Feiyu ON」のアプリの接続方法と機能はどうでしたか?

個人的には、Bluetoothシャッターは片手で動画撮影や画像撮影が完結する点で地味だけど便利でした〜!
あと、おもしろかったのが顔認識機能
顔を認識して勝手に追いかけてくれるので、人を撮影する時には試してみるのをオススメします~

気になった方は、この記事を参考にぜひぜひ一度使ってみてください〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。
カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。
腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。