「速報」!FeiyuTechのスマホ用ジンバル「SPG C」の発売が決定!

SPGの後継モデルであるFeiyuTechの最新スマホ用ジンバル「SPG C」が発売されるみたいです。
SPGはFeiyuTechの代表作で世界中で販売された人気モデル!
今回のSPGの後継モデルである「SPG C」のスペックや機能性を見ていきたいと思います。

 

「SPG C」のプロモーションビデオ

 

「SPG C」のスペック

スマホ装着時のバランス調整に重りを使う

「SPG C」のバランス調整の仕方は、SPGのようにアームを動かしてバランスを取るタイプではなく、重りで調整をするタイプみたいです。
これは「SPG Live」と一緒ですね。

これについては以前書いた記事を参考にしてみてください。

SPGとSPG Liveの違いとは?

「SPG C」はズームボタンが搭載

今までのSPGシリーズにはなかったズームボタンが搭載されました。
後ろにあるボタンを押しながら、ジョイスティックを上下するとズーム/ズームアウトをするみたいです。
今までは、スマホの画面でズームをしていたので、こんな風にボタンで簡単にできると便利ですよね~

「Feiyu ON」を使って顔の追跡撮影が可能

FeiyuTechのスマホアプリ「Feiyu ON」を使って、認識した顔を自動的に追跡する撮影もできます。
アプリで顔を認識させると、顔が動く方向にジンバルが向きを変えて追跡してくるんです。
これを使えば、動きのある人の撮影。例えば、子供の撮影なんかに使えますよね~

タイムラプスやパノラマ撮影にも対応

もちろん「Feiyu ON」に対応しているので、タイムラプスやパノラマ撮影も「Feiyu ON」を使って撮ることが出来ます。
まぁー今だとスマホ単体でもタイムラプスやパノラマ撮影できる機種も多いので、真新しいことではないですね。

1/4ねじ穴(三脚穴)1つ搭載


SPGシリーズの定番である底に1/4ねじ穴(三脚穴)が今回も1つ搭載されています。
底にあるので、三脚を取り付けたり、コールドシューを使って、マイクなど付けるということも出来ますよ!

「SPG C」の起動時間と充電時間とは?

「SPG C」は22650の電池を1本使用して、最大約7時間の撮影が可能!
一度充電すれば、外出先でも電池を気にせず撮影ができますね~
7時間はやばいですよね(笑)
7時間も使用できれば、電池が足りなくて使えないということはないはず(笑)
しかも、USBケーブルでモバイルバッテリーで充電しながらでも撮影ができるので、最強です!

まとめ

スマホ用ジンバル「SPG C」と今までのSPGシリーズとの大きな違いはズームボタンが付いたことですね。
バランス調整が重りになったことで、バランスを取るのは楽になるけど、スマホ用のカメラアタッチメントは装着できないんだろうなー
見た感じこの2つ以外大きな変化はなさそうな感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。 カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。 腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。