ソニーのアクションカム対応モデル FeiyuTech「G5GS」が日本でも発売開始!


スポンサーリンク

FeiyuTechの最新ジンバル「G5GS」がFeiyuTechの海外公式HPで発売がされました。
ソニーのアクションカム用に作られた「G5GS」の特徴をさっそくみていきましょう。

対応カメラ


ソニーのアクションカムのSony AS50 / FDR-X3000に対応しています!
ジンバル自体の重さは、314gなので、アクションカムを入れても総重量は500g位なので軽いですね~

縦にも横にも360度回転できる


G5GSは縦にも横にも360度回転することができるので、様々な角度や向きから撮影が可能です。
可動域が広いと撮影時に撮影角度を気にせず自分の思い通りに操作できるのがいいですよね!

 


また、自動回転機能も付いているので、ムービングタイムラプスを撮影するのにおすすめです!

モーターのトルクやコアチップが改良されている!

モーターのトルクやコアチップが改良されたことで、以前よりも安定感が増しているみたいです。
前作のG4GSでは、安定感に欠けるという評価もあったので、G5GSでしっかり改善出来ているかに期待したいですね!

アクションカムの装着も簡単

FeiyuTechのジンバルの多くが初心者でも簡単に装着できるような仕様になっているものが多いんです。
今回のG5GSも簡単に装着出来そうな感じですね。

ジョイスティックやズームボタンが搭載


こちらもFeiyuTechのジンバルでは当たり前になってきたジョイスティックが搭載されています。
ジョイスティックがあると手元でカメラの向きを自由自在に変えることが出来るので、あると撮影がしやすくなるんですよね~


スマホ用ジンバル「SPG C」のモデルから新たに搭載され始めたズームボタンも「G5GS」に搭載されています!

防水対応


「G5GS」も防水対応しています。
最近のFeiyuTechのジンバルは防水対応が増えてきましたね~
防水なので雨や雪の日でも、水辺でも撮影可能ですよーーー

「G5GS」は完全防水でなく、生活防水になっているため、水中に入れることはできません。

2種類の持ち手

最近発売FeiyuTechαシリーズと同じく、片手持ちと両手持ちに対応。
自分の撮影スタイルに応じて持ち手を変えることができます。

両手の持ち手は別途購入になります

FeiyuTechのアプリに対応

FeiyuTechのスマホアプリに対応!
アプリでは以下のことが出来ます。

  • スマホでジンバルの遠隔操作
  • ジンバルの動くスピードの調整
  • ファームウェアのアップデート

バッテリーの持ちは?

バッテリーは22650の充電池で約7時間使用可能!
これだけ使えればまず電池の持ちをしなくて済みます。

充電のスピードが向上?

ソフトウェアがアップグレードされたことで、以前のモデルに比べて充電効率が2倍になっています!
これによって充電時間がどの位短くなってるか期待ですね~

1/4のねじ穴ももちろん搭載

持ち手に1/4のねじ穴が搭載されているので、画像のように三脚を搭載することが可能です。
αシリーズと同じような両手持ちであれば、おそらく1/4ねじ穴が複数搭載されているはずなので、マイクやライトなどのアクセサリーが装着できるかと思います。

まとめ

ソニーのアクションカム用「G5GS」は如何だったでしょうか?
GoProではなく、ソニーのアクションカムを使っている人にとっては気になるジンバルですよね。
前回のモデルよりもパワーアップしている点も期待大です。
日本でも発売が開始されているので、気になった方はぜひチェックしてみてください~

 

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。 カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。 腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。