【最新】FeiyuTech「G6」実機レビュー!


スポンサーリンク

FeiyuTechから人気シリーズGモデルの最新ジンバル「G6」が発売されましたね。
自分も遂に「G6」の実機に触れることができましたーーー
早速今回も「G6」についてレビューしていきたいと思います。

「G6」の機能性などを早速一緒に見ていきましょう。

G6のパッケージと同封物とは?

G6のパッケージはこちら。こちらを開けると……

持ち運びができる収納バックが出てきました。

バックを開けると、中にはG6が!!!
バックの上の部分にも柔らかい緩衝材がしっかり入っていて、衝撃なども安心ですね。

同封物はこちら

  • ジンバル
  • USBケーブル
  • ジンバルとGoproをつなぐコード
  • 日本語の取り扱い説明書
  • ネジ2本
  • 22650の電池

日本語の説明書が同封されてくるので、操作方法などはこれを見ればある程度分かります!

「G6」フォトレビュー


Feiyuのジンバルはコンパクトで、今作の「G6」もB5位の大きさになっています。

「G6」では新しく液晶画面が搭載されました。
これによって、ジンバルやGoProの状態が分かるようになっています。
他には前作と同様にジョイスティックも搭載されています。


横には設定ボタンが新しく搭載。
このボタンは、ジンバルでGoProの解像度・フレームレート・視野などを変更する際に使用します。

ジンバルで変更するにはGoProとWiFi接続をする必要があります。
マイクロUSBポートは横に付いています。


横には4/1ネジ穴があるので、スマホを取り付けられるオプションアイテムを使えば、スマホを装着することもできます。

背面には、水平調節ボタンとトリガーボタンがあります。水平調節ボタンを使うとジンバルのロール軸を動かすことができ、カメラの向きを調節できます。

 


持ち手はいつものFeiyuのジンバルと同様に滑りにくいゴム素材になっています。

 


底には4/1ネジ穴があるので、三脚を付けることが可能です。この辺は変わりありませんね!

「G6」にGoProを付けて起動!

まずは電池を入れて、充電!


まずはジンバルの底のキャップを回して外して電池を入れます。

 


プラスを奥側にして、電池を入れます。そして、USBケーブルをつないで充電。

充電が満タンになったら、いよいよジンバルにGoProを装着します!

「G6」にGoProを装着


GoProを装着するところは柔らかい緩衝材が付いているので、接着面に傷が付く心配もありません。

マウンティングプレートで固定するだけなので、装着も簡単です。


逆向きにも装着できます。

「G6」ジンバルのバランス調整

GoProが装着出来たら、電源を入れる前にバランス調整をします。

後ろのノブリングを回して緩めて、アームの位置を横にずらして、GoProが水平になるように調整します。

このように水平になったら調整は完了です!電源を入れましょうーーーー

機能ボタンを長押しして、ジンバルに電源を入れるとぬるぬると滑らかな動きをするようになります。

「G6」の撮影モードとは?

G6のモードはこんな感じです。

・パンモード

電源を入れた状態はパンモードです。パン軸に従い横だけにカメラが動きます。

・ロックモード


機能ボタンを1回押すかトリガーボタンを押し続けることによってロックモードになります。
ロックモードはカメラの向きが一定になるモードで、ジンバルの向きを変えてもカメラの向きが変わらないモードです。

ロックモードは手動でもでき、撮影したい方向に手でGoProを向けるとカメラがその方向に固定されます。

・フォローモード

フォローモードはパン軸/チルト軸に従い横にも縦にもカメラが向きが変えるモードです。


チルト軸に従い、こんな風に縦にもカメラがジンバルに追従するようになります。

・180°回転

機能ボタンを3回押すと180°カメラの向きが変わります。自撮りしたい時などに使用します。

・オートローテーションモード

機能ボタンを4回押すとオートローテーションモードになります。


パン軸を動かして、1回機能ボタンを押します。


また動かして、1回機能ボタンを押します。
そうするとこの動かした間を自動的にジンバルが動いてくれるんですね!
タイムラプス撮影をするときに使えます!

・リセット

 

トリガーボタンを2回押すとモードがリセットされます。
今までモードをリセットするために何度も機能ボタンを押さなければならなかったので、かなり使い勝手が良くなりました。

平行調節ボタンを押すとジンバルが傾きの調整可能

ジンバルの後ろにある平行調整ボタンを使えば、ジンバルの傾きを調整できます。
これを使えば斜めの映像なんかも撮影できますね。

アームの位置が変わって、GoPro画面が見やすくなった


アームの位置が前作の位置と変わって、視野角度がアップしています。
そのおかげで、GoProの液晶画面が見やすくなっています。

「G6」には液晶画面が搭載されて、ジンバルの状態が分かる

今のモードの状態はジンバルの液晶画面に表示されるので、液晶が付いて便利になりました~
液晶には、ジンバルのモード、バッテリー、WiFiやBluetoothの接続状態が表示されます。
今までだと今のモードは何だっけみたいなことがあったので、それが無くなったのが良かったです。
モードの表記は以下の通りです。

  • HF→パンモード
  • AF→フォローモード
  • LK→ロックモード

動画でモード説明もあるので、こちらでも確認できます。

「G6」に搭載された設定ボタンで解像度などが変更できる

G6の側面に搭載されている設定ボタンを使えば解像度、フレームレート、視野が変更できます。
変更の仕方は、まず設定ボタンを長押し。
ジョイスティックを上下することで選択しているパラメーター変更でき、左右に動かすとコンテンツを変更できます。
最後にOKにした後右にジョイスティックを動かして設定終了です。
GoProで変更しなくても、ジンバルの手元で変更できるのは便利ですよね!

変更するには「Feiyu On」というスマホアプリでGoProとジンバルを接続する必要があります。

詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

「Feiyu On」を使ってジンバルの設定や遠隔操作ができる


スマホアプリ「Feiyu On」を使えば、ジンバルの設定やファームアップデート遠隔操作などをすることが可能です。


ジョイスティックでジンバルを動かす時に動きが遅いと思ったときは「Feiyu On」を使ってジンバルのスピードを変更しましょう。


スマホを使って遠隔操作をすることもできます。

「feiyu On」についてこちらを参考にしてみてください!

実際に「G6」で撮影してみたよ!

実際に「G6」で撮影してみた映像はこちら。

素人の自分でも手振れが少ない滑らかな映像が撮影できました。
確かに、歩くとやや振動がジンバルに伝わって歩いている感がでてしまっていますが、走った時にかなり滑らかに撮影できていますよね!
また、階段の上り下りでも衝撃を吸収できています。
ジンバルを装着しないともっと振動が大きい見ていられない動画になってしまうことを考えると、滑らかに撮影出来ていると思います。
今回はただ歩いて撮影をしただけなので、撮影がうまくなるとより手振れの少ない映像を撮影できるようになりそうです。

操作については、カメラの向きを変えるならジョイスティックが便利だなと思いました。
左右上下自分の撮影したい方向に変えやすいので!
逆にフォローモードはほとんど使わないと思います。
上下に手首をずらすならジョイステックで上下させた方が楽なので。
撮影した動画を見てももらうと分かるのですが、走ったりすると微妙に手首が動いてカメラの向きも変わってしまうので、基本的にはロックモードで撮影することをおすすめします。

あと、やっぱり液晶が便利でした。
今のモードの状態がすぐに分かるので、「あれっ今何モードだっけ」というのがなくなり無駄に機能ボタンを押すこともなくなりました(笑)

まとめ

FeiyuTech「G6」いかがだったでしょうか。
液晶画面が付いたり、リセットがしやすくなって前作よりもより使い勝手が良くなりました!←これ重要
モードもオートローテーションモードが加わっていましたね。
やっぱりジンバルを付けて撮影すると、手振れはかなり防止が出来ますね!
特に動きが激しい時ほど吸収してくれます。
振動が伝わらないような歩き方や走り方をマスターすれば、もっと振動が少なくすることが出来ます。
雨の日や水辺で使用してはいませんが、「G6」も防水対応しています!

前作よりもパワーアップした「G6」ぜひチェックしてみてくださいー

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。 カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。 腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。