ウェアラブルジンバルFeiyuTech「WGX2」が日本でも発売!


スポンサーリンク

12月21日にFeiyuTechより新しいウェアラブルジンバルWG2Xが発表されました。
前回発売されたWG2の後継モデルになっています!
早速WGX2についてまとめてみました。

FeiyuTech「WG2X」対応カメラ

WG2Xの対応カメラは、GoProHero7や6に加えて、sessionに対応!
同じような規格の130g以内のアクションカムならGoProでなくても装着可能です。

ただし、Hero3、4に関してバックパックLCDありの取り付けは不可

FeiyuTech「WG2X」はたったの238g


ジンバル自体が重くて、身につけるのも気になるということもありますが、WG2Xの重さはなんと内蔵バッテリー込みで238g
238gなので、ヘルメットなどに装着して身につけても重さが気になりません。

FeiyuTech「WG2X」は録画・停止が簡単


WG2XはGoPro等とWi-Fi接続することで、台座にある録画ボタンで録画や停止をすることができます。
スキーの滑走やサイクリング時に撮影した時でも、わざわざグローブを外してアクションカムの画面を操作しなくてもボタンを押して録画の開始や停止ができ、前作のWG2より利用しやすくなっています!

FeiyuTech「WG2X」のデザイン


WG2Xは前作とデザインが変わり、斜め型のアームに変更。
斜め型のアームに変更したことで、アクションカムの画面が見やすくなりました。

FeiyuTech「WG2X」は防水対応


WG2XはIP55の防水対応
防水対応をしているので、天候に左右されずに撮影可能です。
雨だけではなく、雪でも大丈夫なので、スキーの滑走映像の撮影も問題なくできます。

FeiyuTech「WG2X」は2軸無制限

WG2Xはパンもチルトにも無制限に回転することができるので、撮影の可能性を広げてくれます。

FeiyuTech「WG2X」1/4ネジ穴搭載


WG2Xには、三脚等のアイテムを装着できるように1/4ネジ穴が2箇所搭載されています。
自分の撮影環境に応じて、ヘルメットに装着したり、三脚を付けたりと撮影を楽しむことができます。

FeiyuTech「WG2X」のバッテリーの持ちは?

WG2Xのバッテリーの持ちは約2.5時間です。
給電しながらの撮影も可能です。

ただし、給電しながらの撮影は防水性が失われます。

FeiyuTech「WG2X」の撮影モード

・パンモード
→左右にカメラが追従するモード

・ロックモード
→カメラの向きが固定され、一定方向に固定されるモード

・フォローモード
→上下左右にカメラが追従するモード

・水平に180℃回転
→180℃カメラが水平方向に回転。自撮り等に使えます。

・自動回転モード
→設定した範囲を自動で移動するモードです。
FeiyuTechのアプリ「FeiyuOn」を使えば、動くスピードも変更することができます。
自動回転モードはタイムラプス動画の撮影に向いています!

FeiyuTech「WG2X」のまとめ

WG2X如何だったでしょうか?
前作のWG2よりも軽くなり、安定性も増して、より滑らかな映像が撮影することが可能になっています。
また、台座に録画ボタンが設置されているので録画・停止も楽に行うことができるようになりました。

後継モデルですが、前作のWG2よりも価格が安くなっているのも魅力的です!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。 カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。 腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。