【FeiyuTech G6MAX】GoProからミラーレスまで載せられる万能ジンバル!バランス調整方法などをレビュー


スポンサーリンク

FeiuTech「G6 Plus」の後継モデル「G6MAX」が発売されましたね!
一眼レフ、コンデジ、スマホ、アクションシーンカム等様々なカメラに対応したマルチジンバルです。
今回はG6MAXを実機レビューしていきたいと思います!

前作のG6 plusから変わった部分も含めて詳しく記事で紹介していきます。

G6MAXの特徴とは?

G6MAXはFeiyuTechから発売されている、手ブレを補正するガジェットです。
G6MAXの特徴をまとめるとこんな感じ

G6MAXの特徴

・一眼ミラーレス、コンデジ、アクションカム、スマホに対応
・豊富な撮影モード
・ペイロード1.2Kg対応軽量ボディ
・生活防水対応

マルチジンバルとして、様々なカメラに対応しているのが特徴です。様々なカメラに対応するために、1.2㎏までペイロード対応になっているため、前作のG6Plusよりも対応カメラが増えています!

モーターが強くなっているので、大きいカメラも載せられるし、小さいアクションカムなどを載せてもより安定しやすくなります。

G6MAXの対応カメラとは?

G6MAXのコンセプトはどんなカメラでもこれ1台で足りるような設計になっていることです。
ジンバル自体一眼レフ用やスマホ用等それぞれ対応ごとに発売されていますが、その状況によって使うカメラを使い分ける方にはG6MAXがあれば全てに対応ができるのでおすすめです!
最大耐重量は1.2㎏!そのため、SONY α7Ⅲなんかも載せることができます!

G6MAXのカメラの装着方法・バランス調整の仕方

今回はFeiyuのアクションカムRiccaを装着してみたいと思います。

ロック部分を外し、左右のロール軸とチルト軸を水平方向にしてジンバルをロックしてください。


カメラを装着した後、バランス調整をしやすくするためです。

まずは「RICCA」をクイックリリースプレートにカメラを装着します。

しっかりプレートと固定しないとジンバルで向きを変えたりするとずれてしまいます。
ロックが終わったら、クイックリリースプレートを装着したカメラをジンバルに装着します。


横にあるストッパーを押しながら装着していきます。この時、カメラとジンバルを接触させずに隙間を作るのがポイントです。

装着したら、後ろのネジを締めて固定します。

①最初にチルト軸の調整からしたいと思います。


カメラを手で支えながらチルト軸のロックを外してみてください。
バランスが整っていないので、カクンとなってしまうと思います。
カメラのレンズが上を向くようにバランス調整をしていきます。

ダイヤルを解除して少しずつアームの位置をずらしてください。


このように上を向いた状態でバランスが取れたOKです。しっかりダイヤルを回して固定しましょう。

②次はカメラの向きを調整します。


アクションカムを装着した際に回したネジを緩めてカメラの位置を調整します。
少しずつずらして調整します!

こんなふうに前に向いたらネジを締めて固定します。


そうすると、バランスが取れているので、カメラの向きが上や下に向けてもその位置で止まります。

③ロール軸の調整をします。


カメラを支えながらロール軸のロックを外します。


カメラが水平になるようにアーム位置を変えて、調整していきます。

水平にバランスが取れたら調整終了です。
なるべくバランスが取れた状態が良いですが、少し位動いても問題はないです。

④最後にパン軸の調整をします。
ここが難しいです!

パン軸のロックがかかっていたら解除してください。


そして、このようにのジンバルを持ちます。
ジンバルと地面を水平にして、カメラとジンバルが一直線になるようにします。

アームの位置を少しずつ動かして、このような状態になるまで調整してきます。

バランス調整が一通り出来ているかバランス確認をしましょう!


3軸それぞれ動かして、止めてカメラが動かないか確認します。バランスが取れると動かした位置で止まるようになります。

バランスが取れたら電源を入れてみましょう!
モーターの調整が出来ていないはずなので、もしかすると変な振動が起きているかもしれません。
変な振動が出ている時はモーターの調整をします。

モーターの調整の仕方は以下の通りです。

電源ボタンを2回押す→Moter SetUpが表示→ジョイスティックを右へ1回→ジョイスティックを下に3回→Adaptationが表示→ジョイスティックを右へ1回

上の操作をすると自動的にモーターを調整してくれるので、調整が終わるまで動かなさいでください!
「Success」という表示が終わったら完了です。

以上でG6MAXのカメラの装着とバランス調整は終わりです。
慣れるまで難しいですが、繰り返しやっていると慣れてきます。

G6MAXのモードとは?

G6MAXのモードは豊富でさまざまなモードがあります!!
1つずつ見ていきましょう!

パンモード


ロール軸とチルト軸が固定され、左右のみカメラが追従します。
デフォルトはこのモードです。

フォローモード


ロール軸は固定され、左右上下にカメラが追従します。
モード切り替えは、ファンクションモードを2回押します。

オールフォローモード


上下左右のみだけではなく、ロールにも追従できるので、手の動きに合わせてカメラが動きます。
モード切り替えは、ファンクションモードを3回押します。

ロックモード

 

カメラの向きが固定されるモードです。
手首の向きを変えてもカメラが追従しないので、歩き撮りで真っ直ぐ撮る時におすすめです。

セルフィーモード


トリガーボタンを3回押すと、180度ジンバルが回転して、自撮りモードになります。

ポートレートモード

縦撮りモードに向きが変わります。
SNS発信用等の際に使えるモード!


ジンバルを水平に持ち電源ボタンを一度押して、ジョイスティックで「Portrait」を選んでジョイスティックを倒すと縦撮りに変わります。

インセプションションモード


カメラが上を向いて360度回転するモードです。
電源ボタンを押し、ジョイスティックでInceptionを選んで、右に倒します。
「Turn Right」は右に1回転、「Turn Left」は左に1回転します。
「Continue Turn Right」は右に回転し続けます。「Continue Turn Left」は左に回転し続けます。
「Setspeed」で回転するスピードを変更できます。

タイムラプスモード

タイムラプスモードの操作方法

・画面からタイムラプスモードを選択!

・回転開始位置を決めます
パン軸またはチルト軸を開始位置まで動かして少し止めてから、ジョイスティックを右に操作して決定。

・回転終了位置の決定
パン軸またはチルト軸を終了位置まで動かして少し止めてから、ジョイスティックを右に操作してこちらも決定。

設定が終わると、ジンバルが自動的に開始位置に移動して、設定したパラメータに従って、回転を開始します。
(タイムラプスの設定はFeiyuOnアプリから可能です)

タイムラプスモードを終了させるときは機能ボタンを2回押すと終了します。

G6MAXを使った撮影映像

G6MAXにスマホを載せて撮影をしてみました!

結構スムーズに撮れていると思います。
撮影して思ったことは、あらかじめカメラを載せる位置を把握しておいて、それ以外はそのカメラに合わせて事前にバランス調整をしておくのがおすすめです。
外でバランス調整するのは結構大変だと思います…

 

G6MAXの同封物

Feiyuはシンプルのパッケージの箱に落ち着きましたね!
どのモデルもこの箱です。
マルチジンバルだけどG6MAXが小さいので箱も小さいんですよ。

中から黒のケースが出てきました!

開けるとこんな感じにG6MAXやオプション付属品が収納されています。
開けた瞬間のこの感じ、男心をくすぐりますね

中の物を全部出してみましたー

G6MAXの同封物
  • USB Cデータ充電ケーブル
  • Gopro用アダプターベース
  • ロングロッドスクリュー
  • スマホクリップ
  • コントロールケーブル(Type Cからマルチ)
  • 制御ケーブル(タイプCからDC2.5)
  • ミニ三脚
  • EPPストレージバッグ

付属オプションが豊富で様々なカメラ装着にすぐに対応できるのが良いですね!

G6MAXの基本情報

G6MAXの大きさはA4の半分ほどサイズ感で、重さは665gなので、マルチジンバルとしては小さく軽量です。

前作のG6Plusにはなかったロック機能が備わっています。


これによってチルト・パン・ロール軸が固定されるので、持ち運ぶ際にグラグラすることが無くなります。

もちろん今回も液晶画面が搭載。こちらもG6plusから改良され、画面が大きくなっています。

 

サイドには、ファンクションノブが搭載されています。G6Plusよりも質感が良くなり、回す際に良い具合の重さがあります。

ファンクションノブを使ってジンバルの向きを調整したり、ズーム/ズームアウトすることができます。
ジンバルの向きを調整する際には、ジョイスティックで操作するよりも繊細に操作することが可能です。

詳しい操作方法はこちらです。

逆側に電源ボタンとモードボタン、USBケーブルの差込口があります。

モードボタンの使い方
1回押す:モード切り替え
素早く3回押す:フロント/リアカメラ切り替え(FeiyuOnアプリ接続時のみ)

後ろ側にはトリガ―ボタンがあります。

トリガーボタンの使い方

押し続ける:高速フォロー(手首の動きに応じて素早くパン及びチルトに追従します)
素早く2回押す:リセット(電源起動時のデフォルトの位置に戻ります。)
素早く3回押す:セルフィーモード(パン軸が180°回転)

底には1/4ネジ穴があるので、付属のミニ三脚を装着できます。

まとめ

今回はG6MAXについてのレビュー記事でしたがいかがだったでしょうか?
1.2㎏まで対応しているので、GoProやスマホはもちろん、コンデジからミラーレス一眼レフまで色々載せて撮影できる点はとても魅力的な商品だと思います!
気になった方はぜひ購入ページを覗いてみてください~

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

つっちー

普段はしがない会社員。 カメラ好きで、よく近所をうろうろして撮影しています。愛機はCANON EOS 80DとGoProHero4。でも一番使うiPhone7を最近購入。。。 腕は上がらないけど、機材だけ買っちゃう癖をなくしたい今日この頃。